結婚当初のことをよく知っているそうです

結婚に強い願望がある人の婚活注意点

結婚に強い願望がある人こそ、婚活をするにふさわしい人と考えられがちですが、結婚願望が強い人は、普段の生活でも積極的に結婚相手を見つけようと行動することができるタイプなので、必ずしも婚活を重要視しなくてもよいタイプでもあります。
しかし、結婚願望が強い人だからこそ、婚活を有効的に活用することもできます。ただ、結婚に向けて積極的に行動できる人は、結婚相手に求める条件を細かく定めていることも多く、そのほかの面でも自分なりのルールを作ってしまっていることが多いため、婚活をする際には、いくつか注意点を掲げておく必要があります。


一番注意しなければならないことは、条件ばかりに目を向けないことです。
高学歴、高収入、家族構成や出身地、生活環境など、人を判断するうえで重要な要素ではありますが、人を判断する決め手にはしないほうが得策です。

また、結婚したいという気持ちが前面に出てしまわないように気をつけることも、結婚願望が強い人が気をつけなければならない点です。
結婚したい気持ちが強いと、結婚できさえすればよいと異性に思われかねません。

結婚というものは、結婚相手との互いの思いが大切であり、タイミングや相性も重要です。
結婚したいからすぐにでも結婚できる相手を探すという気持ちよりかは、結婚したいと思える相手を探そうという気持ちを持つように心がけるのがコツです。

適度な積極性は歓迎されますが、あまり積極的になりすぎるのも注意が必要です。
結婚適齢期を迎え次々ウェディングドレスを着る友人。

自分も続けと婚活を頑張っているけど只今少々なかだるみ中。


中々性格や趣味が合わない、出会いが無いと溜息をつく前に必要なのはフィードバック。
婚活は一旦おいておいて、自分恋愛方面て今までどうだったっけ、と気楽に振り返ってみましょう。

チェックポイントは心のフットワーク。


思春期以降、何人の人を好きになりましたか。


勿論著名人は対象に含みません。

すらすら名前があがらない人はもう一歩突っ込んで、最近恋愛していたか。2年以上彼氏も好きな人もいなかったら、どんな人がタイプかを、小さなことでも高望みでもなんでも良いので、思いつくだけふせんに一つずつ書きましょう。
その中から優先順位をつけて並べてみる。更にこれだけは譲れない、というのが分かるように印をつけておくのです。
これは自分が何を求めているかを見直すきっかけの作業。

例えば、顔が良い、背が高い、痩せ型、髪の毛が豊か、年収500万以上、話し好き、食べ方が綺麗、旅行好き、インドア派、やさしい、自慢話をしない、頼れる、車がある、親と同居しなくていい、という洗い出せた中、これが一番大事と思える項目を大切に婚活にいそしめばいいわけです。
そんなのときめきがない、と言う人は自分が一番大切に考えているものがときめきと相容れるか考えてみてください。

やさしい、話し好き、旅行好き。

それらはじわりと関係を深めていく種類のもの。
本心が外見を一番にしていないなら、求めるのはときめきでないと心得ましょう。フィードバック後、穏やかな心でじっくりとパートナーを探す。それが婚活の新たな活路を開くのです。

















    関連リンク

    • 結婚に強い願望がある人の婚活注意点

      結婚に強い願望がある人こそ、婚活をするにふさわしい人と考えられがちですが、結婚願望が強い人は、普段の生活でも積極的に結婚相手を見つけようと行動することができるタイプなので、必ずしも婚活を重要視しなくてもよいタイプでもあります。しかし、結婚願望が強い人だからこそ、婚活を有効的に活用することもできます。...

      detail
    • 独身男女大人気な婚活バスツアー

      今、婚活をしている独身男女に大変人気があるのが、婚活バスツアーです。婚活バスツアーとは、男女の出会いを目的としながら、観光や味覚狩り、体験イベントなどにも参加できるお得なバスツアーのことです。...

      detail