結婚当初のことをよく知っているそうです

進んで婚活に参加してみてください

婚活という言葉は、最近になって聞くようなりました。
以前は結婚したいけれど出会いがない人は、お見合いを勧められるのが普通でした。


しかし、お見合いというと、最初から、結婚を前提に知らない人と合うというので、なんだか堅苦しい気がしました。
しかし、最近は合コンという、ある意味気軽なお見合いがあります。
合コンも出会いの場を作る目的とした集まりです。
しかし、お見合いと比べると、気軽に話をすることもできますし、付き合うか付き合わないかは別として、友達としての付き合いから始めることでできます。



そう考えると、参加しやすいものです。

その他にも、地域で、街婚というのを開催するようになりました。街婚は範囲も広くなるので、知り合いを通じての合コンと比べると、いろいろな人との出会いもあるので婚活にはお勧めです。
中には、婚活していますと自分から公表するようになりましたが、口に出すばかりで実際には婚活していない人もいます。
気持ちは充分にあるのですが、行動に起こせない人もたくさんいます。



しかし、婚活は行動を起こさないと意味がありません。

待っていることで出会いがある場合もあります。


しかし、本当に結婚したいならば、何か出会いがある場所に出ていくしかないのです。
出会いがたくさんあれば、自分に合う人に合う確率も高くなります。

以前は、結婚していないのが恥ずかしいということもありましたが、婚活という言葉があるように、明るく活動することができるので、勇気をもって婚活してほしいです。

数年前までウェディング業界で働いていました。
私の職場貸切専門会場だったのですが、利用目的のほとんどがウェディングで二次会などでの利用する方が多くいました。



貸切なので二次会でも披露宴のようなことが出来るようオブションなどもたくさん付いていて他の会場とは違う特徴がありました。


例えば新郎新婦の入退場や、キャンドルサービス、ケーキカットなど多数セレモニーを行っていました。



私が入社した時からそのプランはありとても驚きました。

それまでの結婚式二次会のイメージはお店を貸切って飲食をするのみだと思っていたのでとてもいいアイデアだなと自分の職場ながら感心しました。
私が入社後しばらくして責任者の立場になりよりプラン内容を充実させようと奮闘しました。



その当時は結婚式にあまりお金をかけない傾向にあったので、ホテルなどでの結婚式の回数が減っていました。


その中でレストランウェディングなどが注目されるようになり、私の働いていた会場なども件数が多くなりました。


最低限の必要経費のみで行っているのでとても安価で提供することができ、結婚式を行うことを諦めていた若いカップルなどにとても喜ばれました。
私の働いていた地域は観光地で元々レストランや結婚式場が多い地域だったので、最近の傾向を見て続々とウェディング事業に参加していきました。


正統派の結婚式場とアットホームなレストランウェディングが共存する地域で利用する方々にはとても便利な地域でした。



大変な仕事でしたがとても楽しかったです。



今は仕事を離れてしまいましたがいずれまたウェディング業界に携わりたいです。



    関連リンク

    • 結婚に強い願望がある人の婚活注意点

      結婚に強い願望がある人こそ、婚活をするにふさわしい人と考えられがちですが、結婚願望が強い人は、普段の生活でも積極的に結婚相手を見つけようと行動することができるタイプなので、必ずしも婚活を重要視しなくてもよいタイプでもあります。しかし、結婚願望が強い人だからこそ、婚活を有効的に活用することもできます。...

      detail
    • 独身男女大人気な婚活バスツアー

      今、婚活をしている独身男女に大変人気があるのが、婚活バスツアーです。婚活バスツアーとは、男女の出会いを目的としながら、観光や味覚狩り、体験イベントなどにも参加できるお得なバスツアーのことです。...

      detail