永久脱毛の代表として知られるニードル脱毛とは


TOP > 永久脱毛の代表として知られるニードル脱毛とは

日頃の生活の中で身体のムダ毛を効率よく払拭したいと願っても、いざ自己脱毛に臨むと時間も手間もかかって仕方がないもの。

また、自分で処理するとちょっとした間違いやミスが肌の炎症や埋没毛の発生などのトラブルに繋がってしまいます。


そんなリスクや手間隙を回避する意味でも、サロンやクリニックで行っている永久脱毛を活用してみると良いでしょう。

大阪の医療レーザー脱毛関連情報を紹介しています。

美容の世界ではよく永久脱毛という言葉を目にしますが、正式に永久脱毛と呼べるものはニードル脱毛のみと言われています。

これは微量な電流を帯びたニードルを使用して毛穴のひとつひとつに挿して毛乳頭や毛母細胞を破壊していく施術です。

このようにしてムダ毛の原因である毛根やその成長を司るものを確実に払拭することで、同じ毛穴からはもう二度とムダ毛が生えてこない状態を形成することができるのです。



なお、毛穴の中にある毛根に関してはニードルを刺した時に一緒に排除していくこととなります。
ただし、このニードルを用いた永久脱毛だと施術に時間がかかるという弱点があります。



レーザーなどとは違って全てを手作業にて行うので、施術に長時間がかかるため、一度に脱毛できる範囲や分量にも自ずと限界が生じてしまうのです。
それに費用的にも健康保険の適応外なため、かなりの高額になることが予想されます。
ただし、永久脱毛を施した部位に関しては今後は二度とムダ毛に悩まされることが無くなるわけですから、むしろ経済的とする見方もできるはずです。